日本で発売されているWindowsのパソコンでは、初期設定の段階で、韓国語のハングルが入力できるようになっていません。韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「キーボードの使い方(入力方法)」をお伝えします。

パソコンでハングルを入力する方法

日本で発売されているWindowsのパソコンの初期設定では韓国語のハングルを入力することができません。パソコンでハングルを入力するためのキーボードの使い方をご紹介します。

ハングルのキーボード

「入力する設定」(Windows XPWindows 7)と「入力する準備」(Windows XPWindows 7)で日本語のパソコンでハングルを入力できるようになりましたが、日本語のキーボードにはハングルが表記されていません。

そこでハングルのキーボードの画像をご紹介します。

ハングルのキーボード

英語と数字の配列は日本語と同じで、赤線を中心に左が子音、右が母音となり、左下にあるハングルはそのまま入力、右上にあるハングルはShiftキーを押しながら入力すると表示されます。

左下にあるハングルはそのまま入力

 

右上にあるハングルはShiftキーを押しながら入力

 

Altキー(右) = ハングルと英語の切り替え

ハングルの入力手順

Windowsの辞書ソフト、IMEを例にハングルの入力手順をお伝えします。

1.IMEの確認

韓国語になっているか確認します。

操作方法は、「入力する準備」(Windows XPWindows 7)をご覧下さい。

 Windows XP

 Windows 7

2.ハングルの入力

子音を入力 → 母音を入力 → 子音と母音が組み合わさったハングルが入力されます。

パッチムは、子音を入力 → 母音を入力 → パッチムとなる子音を入力します。