韓国には魅力的な観光地がたくさんあります。韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「63スクエア(63ビルディング)の基本情報」をお伝えします。

63スクエア(63ビルディング)とは?

63スクエア(63ビルディング)は、汝矣島(ヨイド)にあり、地上60階、地下3階、高さ249メートルの金色に輝く超高層ビルです。

1985年に完成し、サンシャイン60(東京・池袋)を抜き、アジア一高いビルになりました。(その後、シンガポールのOUBセンターがアジア一となりました)、現在は、韓国国内で3番目の高さです。

63スクエア(63ビルディング)

63スクエア(63ビルディング)

63スクエアとは?

アクアプラネット63(水族館)、63アート(展望台)への入口(エレベーター)、フードコート、レストラン、各種受付がある地下1階のことを、63スクエアと呼びます。

仁川(インチョン)空港からソウル市内に行く途中にもバスから見ることができます。

63スクエア(63ビルディング)の入口

63スクエア(63ビルディング)の入口

地下1階は地上に面していますので、地下という感じがしません。

フロアガイド

階数 本館 別館
60階 63アート(展望台)  
59階 ガーデンレストラン&ワインバー「WALKING ON THE CLOUD」  
58階 高級ダイニング「TOUCH THE SKY」、和食レストラン「朱竹」  
57階 中華料理「百里香」  
3階 免税店
2階 免税店
1階 ビル入口、案内デスク 免税店
地下1階

63スクエア

ビル入口、免税店、チケットボックス、展望台専用エレベーター、「アクアプラネット63」(水族館)、「63ビュッフェパビリオン」(レストラン)、各種飲食店・ショップ、フードコート、郵便局など

地下3階 駐車場

63スクエア内の写真

63スクエア内を簡単にご紹介します。

通路

通路

平日のため、人が少ないです。

 

フードコート

フードコート

ピビンバ、カルグクス、ハンバーガー、ジェラートなどのお店があります。

 

ファミリーマート

ファミリーマート

 

63スカイアート(展望台&美術館)の入口

63スカイアート(展望台&美術館)の入口。現在は、名前が「63アート」に変更になっています。

エレベーターで60階まで上がります。詳しくは、「63アート(展望台)」をご覧ください。

 

63シーワールド(水族館)の入口

63シーワールド(水族館)の入口。現在はリニューアルし、「アクアプラネット63」に変更になっています。

詳しくは、「アクアプラネット63(水族館)」をご覧ください。

 

63ワックスミュージアム(蝋人形博物館)の入口へ続く階段

63ワックスミュージアム(蝋人形博物館)の入口へ続く階段

詳しくは、「63ワックスミュージアム(蝋人形博物館)」をご覧ください。

※残念ながら、63ワックスミュージアムは、2015年8月に閉店しました。

63スクエア(63ビルディング)のデータ

住所(日本語) : ソウル市 永登浦区(ヨンドゥンポグ)) 汝矣島洞(ヨイドドン) 60

住所(韓国語) : 서울시 영등포구 여의도동 60

電話番号 : 02-789-5663

ホームページ1 : http://www.63art.co.kr/home/63ART/main.do

ホームページ2 : http://www.63.co.kr/

休日 : 年中無休(旧正月、秋夕は休日になる場合あり)

 

個別の施設に関するデータは、「アクアプラネット63(水族館)」、「63イアート(展望台)」、「63ワックスミュージアム(蝋人形博物館)」(閉店)をご覧ください。

ちょっとだけハングル

63스퀘어(ユkサmスクェオ)  = 63スクエア

63빌딩(ユkサmビlディンg)  = 63ビルディング

※「○」を選択するとGoogle翻訳で音声が聞けます(スピーカーのマークを選択してください)