とにかく量が多い韓国料理。体重には十分気をつけてください。

韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「とても量の多い韓国料理(韓国の食事)」をお伝えします。

基本は2人前

韓国人は1人で外食をすることはほとんどありません。お店に行くときは仲間(会社関係、友達、恋人、家族など)一緒です。仲間と一緒にワイワイ食べるのが基本です。

そのため、韓国のちゃんとしたお店では、基本は2人前からです。そのため、韓国での一人旅では食べたいものが食べられない(量が多すぎる)ことがあります。

ファーストフード(ハンバーガーやキンパなど)は1人前からちゃんとあります。

おかわり自由のミッパンチャン

韓国料理はとにかく量が多いです。注文した料理が運ばれてくる前に、「ミッパンチャン」という、キムチ、カクテキ、ポテトサラダ、ナムルなどのつき出しがたくさん出てきます。これは無料でおかわり自由です。

注文した料理も日本人の感覚からは量が多く、通常の人だと食べきれないか、満腹になります。

私は韓国人の友達に、「何回までおかわり自由なの?」と聞いたのですが、「決まりはない」とのことです。あくまで常識の範囲内ということですが、韓国人は遠慮なくミッパンチャンを何度もおかわりします。

ミッパンチャン

少し残すのが礼儀

韓国人と韓国料理店に行ってもそうなのですが、基本的には料理を残します。つき出しもなくなると注文するのですが、全てを食べることはほとんどしません。

日本人には「出されたものは全て食べる」という考えがありますが、韓国では大量の料理でもてなすのが流儀です。

客が料理を全て食べてしまうと料理を出した方は「足りなかったのかしら」と思ってしまいます。食べる方は少し食べ残す事で「たくさん食べました。もう満腹です」という意思表示になるそうです。

ただ、大量に残すのも失礼にあたるので、ほどほどに。

日本も韓国も時代が進むにつれて変わってきていますが、根本的な考えはこういうところにあるそうです。

もったいない

韓国人の友達は料理屋ミッパンチャンを平気で残してお店を去ります。

日本人は残さずに食べることが礼儀とされていますので、makoはお店の人に申し訳ない気持ちがあり、私はいつも残さずに食べます。

韓国に滞在していると、おかわり自由のミッパンチャンをはじめ、量の多い食事で、体重があっという間に増えてしまいますので、気をつけてくださいね。makoはたくさん食べて、運動をして体重をキープしています。