几帳面で細かい日本人と大雑把で細かいことは気にしない韓国人。

韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「大雑把な韓国人(韓国人の性格)」をお伝えします。

几帳面で細かい日本人

韓国人から日本人を見ると「几帳面で細かい」をいう印象を受けます。

日本が経済大国になれたのもこの「几帳面で細かい」ところなのでしょう。ビジネスだけではなく、プライベートでの待ち合わせでも、5分前集合が常識です。

大雑把で細かいことは気にしない韓国人

日本人から韓国人を見ると「大雑把で細かいことは気にしない」です。

韓国語で「ケンチャナヨ」という言葉があります。使われ方は幅広く、日本語ではっきりと訳すのが難しいですが、「大丈夫。気にしないで」という意味で使われます。

この言葉、韓国人はとても頻繁に使い、まさに韓国人を代表する言葉です。

ケンチャナヨが大好きな韓国人

お店の店員が水をこぼしてしまった場合、店員は「ケンチャナヨ?(大丈夫ですか?)」と尋ね、お客は「ケンチャナヨ(大丈夫だよ)」と答えます。

ただ、日本人からすれば「これって本当に大丈夫?」と言った場合でも、韓国人は「ケンチャナヨ」で済ませます。

冷蔵庫の中の食べ物で腐っていそうなものでも「ケンチャナヨ」、待ち合わせの時間に遅れそうでも「ケンチャナヨ」、韓国人はいつでもどこでも使います。

日本人と韓国人を世界で見ると

makoは、留学中にいろいろな国の友達ができました。世界で見ると明らかに日本人は「几帳面で細かい」のですが、韓国人の大雑把さは欧米諸国の人に比べると、かわいいぐらいです。

世界で見ると、日本人の几帳面さは特別で、韓国人が普通なのかもしれません。