箸とスプーンを一緒に使う韓国人。その使い方にもルールがあります。

韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「箸とスプーン(韓国の食事)」をお伝えします。

箸とスプーンの組み合わせる韓国人

日本人は箸、韓国人は箸とスプーンを食事に使います。韓国語でスプーンは「スッカラッ」、箸は「チョッカラッ」といい、頭文字である「スッカラッ」の「ス」、「チョッカラッ」の「チョ」をとって、「スジョ」(後にくるチョの発音は濁るためジョになります)と呼びます。

韓国の箸は日本の箸よりも細くて平らです。しかもステンレス製なので、ツルツルして日本人にとっては慣れるまでは、料理が取りづらいかもしれません。

箸とスプーン

箸とスプーン

スジョの使い方

基本的には汁物、ご飯はスプーンで食べます。器を手に持ってはいけないので、汁物を食べる場合はスプーンを使うのは納得です。

焼肉、キムチなど汁とは関係がないものは箸を使います。

皿に盛ってある料理は箸、お椀に入っている料理はスプーンと考えればいいです。

ただ、麺類はお椀に入っていますが、箸で食べます。冷麺(レンミョン)は特別な存在です。冷麺に限ってはお椀に口をつけてスープをすすることが許されています。まさに選ばれし冷麺です。

韓国の庶民的なお店では?

テーブルの上にあるプラスティックケースから、箸やスプーンを取り出して使います。

日本人としては箸だけで十分な気もしますが、汁物が多い韓国料理はスプーンを使うと食べやすいですので、ぜひ使ってください。

ちょっと高級な食堂やレストランでは?

韓国にある高級なレストランでは、店員が客の右手にスジョを並べてくれます。その置き方は日本と少し違います。

日本だと箸は横を向けておきますが、韓国では箸やスプーンは先端を向こう(自分とは反対側)にして縦に置きます。

交互に使う箸とスプーン

その箸とスプーンは食事に応じて交互に使うことになりますが、使わないほうはテーブルに置きます。

高級店以外には箸立てやスプーンを置くところがありません。

私は「ちょっと汚いなぁ」と思い、食器などに立てかけるのですが、韓国人はそんなことは一切気にせずに机に置きます。