日本には多くの姓がありますが、韓国は日本に比べると圧倒的に姓が少ないです。この姓はとても重要で、日本とは違ったルールがあります。

韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「韓国人の名前」をお伝えします。

姓の多い順

韓国の姓は約280種類。韓国人の多くを占める姓は下記の通りです。

 

第1位・・・金(キム)さん
第2位・・・李(イ)さん
第3位・・・朴(パク)さん

 

なんと5人に一人は金さんなのです。街中で石を投げると金さん、李さん、朴さんのいずれかに当たると言われているぐらいです。

 

それ以降の順位は下記の通りです。

 

第4位・・・崔(チェ)さん

第5位・・・鄭(チョン)さん

第6位・・・姜(カン)さん

第7位・・・趙(チョ)さん

第8位・・・尹(ユン)さん

第9位・・・張(チャン)さん

10位・・・林(イム)さん

 

第10位の林(イム)さんまでで、人口の約60%を占めているから驚きです。日本では第10位まででも、人口の約10%を占めるのみです。

 

第11位・・・ 呉(オ)さん
※漢字表示できませんので、「呉」にしましたが、実際は足の部分が「大」です。

第12位・・・韓(ハン)さん

第13位・・・申(シン)さん

第14位・・・徐(ソ)さん

第15位・・・權(クォン)さん

第16位・・・黄(ファン)さん

第17位・・・安(アン)さん

第18位・・・宋(ソン)さん

第19位・・・柳(ユ)さん

第20位・・・洪(ホン)さん

姓の数

日本では約30万個ある姓ですが、韓国ではたったの約270個しかありません。

友達の呼び方

同じ苗字の人は山ほどいますので、韓国では友達を呼ぶときはいつも名前かフルネームを呼びます。日本人をフルネームで呼ぶと、長くなってしまいますのが、韓国人のフルネームは短いため、それでも困りません。

姓の発祥地

同じ姓でもさらに男系の血族の祖先の発祥地ごとに分類し、ルーツを詳しく表します。同じ金(キム)さんでも出身地で「○○地方の金(キム)さん」と呼んで、「同じ金(キム)でも違う系統だね」と言ったりします。これを本貫(ポングァン)と言います。

結婚できない?

同じ本貫(ポングァン)で同じ姓の人は血族関係にあたり、結婚できません。日本では3親等以内では結婚できませんが、韓国ではそれよりももっともっと広い8親等まで結婚できません。

同じ本貫の人で同じ姓の人って、かなり多いのです。恋愛結婚が当たり前になってきたこの世の中、同じ本貫(ポングァン)同士の悲劇的な恋愛や心中事件も起こっています。こういう情勢に伴い、政府では対策を考えているそうです。

韓国人が持つ英語名

欧米人にとって、韓国人の名前は非常に発音しづらいです。そこで自分の名前とは別に英語名をつける人が多くいます。英語名は欧米人と同じ名前になります。その付け方ですが、韓国の英語の授業に先生から付けられたり、自分で考えます。

例えば、男性の場合、「マトリックス」(映画)が好きなので、その主人公と同じ名前の「ネオ」、歌手の「ジャスティン・ティンバレーク」が好きなので「ジャスティン」など。

女性の場合、韓国語の名前と似ているから「サニー」、ピーターパンが好きだから、そのヒロインの「ウェンディー」など、好き名前考えます。

ただ、欧米人からすると「思いっきり韓国人なのに、エ、エ、エリザベス~?」とちょっと変な気持ちがするのは事実です。中には自分の名前を大切にして韓国名を使う人がいます。

日本人の名前は欧米人にとって発音しやすいので、英語名を付ける人はほとんどいませんが、韓国人では英語名を使う人が多くいます。

日本語に聞こえる韓国語名

意味は違いますが、日本人の名前と似ている発音の韓国の名前があります。

男性=ジュン、シン

女性=ユミ、ミナ、ハナ、ユナ

これ以外にも日本と韓国で同じ漢字の発音がありますので、そういったものを組み合わせると発音が同じで、日本と韓国で同じ発音の名前を付けることができます。

友達で「シネ」という名前の女性がいるのですが、自己紹介をしたときには、「死ね?」とちょっと驚きました。

ちょっとだけハングル

본관(ポングァン) = 本貫