韓国から伝わったもの、韓国へ伝わったものなどなど。

韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「その他(韓国の食事)」をお伝えします。

韓国から伝わったもの

日本では焼肉やピビンバ、チヂミなど韓国料理を食べる機会が増えてきました。あまり知られていないのが、博多の名物である明太子です。

戦後、朝鮮半島から日本に帰ってきた日本人によって伝わりました。

韓国へ伝わったもの

韓国でも日本料理は人気があります。その中でも日本語のまま使われているものに、「スシ(寿司)」、「ウドン(うどん)」、「トンカス(とんかつ」です。韓国語には「ツ」の発音がありませんので、「トンカス」になります。

これらは日本食として韓国に入っているものですが、韓国の食文化に入り込んでいる代表的なものに、「キンパッ(海苔巻き)」があります。

日本の海苔巻きと違って、ノリにはごま油や塩がついている韓国ノリが使われ、酢飯は使いません。韓国では日本のおにぎりと同じようにコンビニで売っています。

他には、おでん、たくあんも韓国では一般的なものです。

日本で「おでん」と言えば、コンニャク、タマゴ、チクワなどいろいろな種類がありますが、韓国では、練り物を棒で刺したものだけのことを「おでん」と呼びます。

ご飯と汁物

ご飯と汁物を融合させる場合、日本ではご飯に汁物をかけますが、韓国ではご飯を汁物の中に入れます。

クリスピークリーム・ドーナッツ

日本で大人気(だった?)、クリスピークリーム・ドーナッツが韓国では簡単に食べられます。

韓国のロッテが権利を買い取り、多くの店舗がソウルにあります。

往十里(ワンシムニ)駅にあるクリスピークリーム・ドーナッツ