韓国人は男女かかわらずスキンシップが大好きです。

韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「韓国人のスキンシップ(友達)」をお伝えします。

韓国人同士の頻繁なスキンシップ

日本では見かけませんが、韓国人の女性は友達同士で腕を組むのは珍しくありません。男性同士が腕を組むのはあまり見かけませんが、肩を組みながら歩くことはあります。それが仲の良い証拠なのです。

お酒の席では同性同士でもスキンシップが激しくなります。

日本人から見ると、女性同士はまだ許せますが、男性同士がスキンシップをするなんて考えられません。しかし、韓国人にとっては、それが愛情や友情の証なのです。

人と人の距離

スキンシップだけではなくて、韓国では人と人との距離が近いです。欧米人は個人的な空間の確保を気にかけるので、一定以上の距離に他人が立ち入るのを嫌います。

その欧米人に比べたら、日本人もお互いの距離が近いのですが、韓国人はそれ以上。親しい友人であれば、相手のテリトリーに遠慮なく入ってきます。

そこまでする韓国でも、同性愛者に対する偏見は日本以上に強いので、スキンシップが多いのとは別のようです。

英語じゃないスキンシップ

ちなみにこのスキンシップは英語ではなく、日本語英語、韓国語英語です。英語圏でスキンシップと言っても通じませんので、Physical contadt(フィジカル・コンタクト) 、またはBody contact(ボディ・コンタクト)と言います。

日本、韓国のどちらが先に言い出したかわかりませんが、スキンシップは日本と韓国だけで使ってください。