1. Home>
  2. 韓国文化>
  3. 韓国人>
  4. 友達>
  5. 友達思いな韓国人

友達思いな韓国人 - 友達

韓国人から韓国文化を学びました

韓国人の友達から韓国文化を学び、頻繁に韓国旅行をしている管理人が作成する「みんなが知りたい韓国文化」です。韓国文化を理解すると、韓国ドラマや映画、韓国旅行がもっと楽しくなりますよ。

韓国人は人と人との繋がりをとても大切にします。

すぐに友達になれる韓国人

韓国人同士はすぐに友達になります。日本人以上に愛国心があり、仲間意識が強いからです。ただ、好き嫌いをはっきりというため、嫌いな人とは一切話しません。

韓国人と仲良くなると

韓国人と仲良くなると、とても親切にしてくれます。留学時代、私とルームメイトの韓国人は、食事を別々に作る約束をしていたのですが、そのルームメイトが食事をしていると、私をよく誘ってくれたり、お菓子を買ってきたりしてくれました。

「冷蔵庫の中ものもの好きに使っていいよ」とも言ってくれました。これでは私が何かを与えてもらって喜んでいる子供のようですが、韓国人は自分が食べていたら人に与えるのが当然という感覚があるようです。

何でもシェアの韓国人

留学時代、私が通っていた語学学校の暮らすには、日本人が3人、韓国人が8人いました。昼食は各自で弁当を持ってきており、日本人は相手の弁当は気にせずに1人で食べているのですが、韓国人同士はそれぞれの弁当をいつも分け合ってワイワイ食べていました。

韓国人のクラスメイトはクッキー(手のひらぐらいのサイズ)を買ってきたときのこと。そのクッキーを割って、他のクラスメイトにほとんどあげてしまい、その彼が食べるクッキーはほとんどなくなってしまいました。

ガムを食べようとしたときも、ガムをクラスメイトにあげて、彼の手元には1つのガムしか残っていませんでした。

食べ物関係ばかり取り上げてしまいましたが、韓国人は自分の割り当てが少なくなっても、自分のものを常に仲間と分け合うという感覚の持ち主です。この場合はむしろクラスメイトのために買ってきていると言ってもいいほどです。

日本人にとっての韓国人

韓国人の友達といる場合に気をつけていることは、「自分のものだけを買わない」「何かを買ったら、相手にもあげる」ということです。

日本人同士の場合は喉が渇いたら自分でジュースを買って飲み、お腹が減ったら何かを買って食べます。もちろん日本人同士でも相手にあげたりしますが、韓国人同士、または韓国人の友達といる場合はこの行動は信じられない行動です。

ただ、日本人には「韓国人の前で食べたら、みんなでわけなければいけない」と思って、何だか食べずらくなってしまうのも事実です。

自分のものはみんなのもの。みんなのものは自分のもの

韓国人が自分のものを常に仲間に分け合うということは、仲間のものを自分のものと同じように考えるところがあります。そのせいで、勝手に冷蔵庫のものを使われたり、部屋に入られたりするわけです。

これは日本人にとって、プライバシーを侵害し過ぎと感じることもあります。

日本人は個を大切にする傾向があるので、逆に韓国人にとって、それを冷たく感じるときがあります。

とても親切な韓国人

韓国人の友達思いは相当なもので、いろいろな面で親切で、家族のように接してくれます。「日本人だったら、ここまでしてくれないだろうなぁ」と思うことがあり、感動したこともあります。

韓国人とは、細かいことにこだわらず、大きな気持ちで接し、持ちつ持たれつの関係を築ければいいんじゃないかなと思います。

仲が良いのに友達じゃない

いつも一緒に行動している韓国人2人に「君たちって本当に仲がいいよねぇ。いい友達ができてよかったね」と聞きましたら、「私たちは友達じゃないよ」と言われました。私が驚いて「じゃ何なの?」と聞くと「僕らは兄弟だよ」との答えが返ってきました。

韓国では同じ年齢の人以外は友達とは言いません。友達=同じ年齢です。年齢が違うとお兄さん、弟、お姉さん、妹になるのです。韓国人の友達の場合も本、当の兄弟ではありません。年齢が違うだけです。

もちろん日本でも年齢が違う友達は若干の上下関係が存在する場合もありますが、韓国人の中では友達同士でも日本人以上に上下関係があります。

韓国写真館

明洞(ミョンドン)
明洞(ミョンドン)

友達メニュー :
韓国人メニュー :