1. Home>
  2. 韓国語>
  3. 文法>
  4. はじめに

はじめに - 文法1(韓国語)

韓国語の文法

語学を勉強する上で文法はかかせません。ここでは文法の重要性をお伝えします。

重要な文法

「文法」と聞くと、「なんだか難しそう」と感じるかもしれません。

「韓国語の会話ができればいいだけだから、文法は必要ない」、「文法がわからなくても会話はできる」と言う人もいます。

「韓国旅行へ行くときだけに使える韓国語を勉強したい」という人はフレーズだけ覚えるだけでも十分です。

確かに文法がわからなくても韓国語のフレーズを覚えれば、ある程度の会話をすることができますが、必ず限界がきます。

上達スピードが上がる

文法を勉強すると韓国語の上達するスピードが明らかに早くなります。

文法がわかると話す文の構成、相手が話している文の構成がわかりますので、自分が言いたいことが言えるようになり、リスニングも上達します。

韓国ドラマや映画で憧れの韓流スターが話している内容がわかったり、K-POPのアイドルの曲を歌ってみたいですよね。

文法がわかるとそれらが理解できるようになり、ますます身近に感じるようになります。

日本語と似ている韓国語の文法

英語や中国語を勉強しようとする場合、主語の後に動詞があり、その後に目的語で説明しますので、日本人にとってスラスラと言葉が出てくるようになるには時間がかかります。

韓国語の並びは「主語→目的語→述語」と日本語と同じです。

他には日本語と似ている単語もありますので、「韓国語の文法は日本人にとって最も理解しやすい文法」と言っても過言ではありません。

留学の誤解

韓国留学に行く人の多くは、「韓国で生活していれば、自然に韓国語が話せるようになるだろう」という思っていますが、そういう人はほとんどの期間を「何を言っていいかわからない。相手が何を言っているのかわからない」状態で過ごすことになります。

これは韓国語に限らず、英語や中国語も同じです。

 

文法は日本でも勉強できます。むしろ日本語のテキストで勉強した方が効率が上がり、韓国留学を始めてからの理解度がかなり増します。

韓国語習得の近道

「文法って難しそう」、「文法と聞くと頭が痛くなる」という人も、少しでもいいので勉強してみてください。

「ここはこういう意味だったのか」と新たな発見につながり、文を理解するためにもっと勉強してみたくなるはずです。

特に韓国ドラマや映画を見ている人は「韓流スターが言っていることを韓国語で理解する」というモチベーションが上がります。

会話だけ聞いていてもなかなか韓国語は上達しませんが、文法を勉強した途端に理解度が早まります。

「みんなが知りたい韓国文化」では、初心者の人でも理解できるように、できるだけ噛み砕いて説明していますので、ぜひ参考にしてください。

文法1メニュー :
韓国語メニュー :