日本と似ている韓国の結婚ですが、異なる部分もたくさんあります。

韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「韓国人の結婚(恋愛)」をお伝えします。

韓国人が結婚する年齢

韓国も日本と同じで、結婚するときの年齢が上がっています。男性は年下の女性、女性は年上の男性との結婚するという願望があるそうです。

ただ、最近では年上の女性に年下の男性の夫婦が増えてきています。

同棲は絶対にだめ

韓国人のカップルは、結婚前の同棲なんて絶対だめです。本人同士がしたくても確実に家族からの猛反対にあいます。

長い付き合いのカップルは結婚を前提で家族が認めてくれる場合はあります。こっそり海外留学中に同棲しているカップルは意外と多いです。

韓国人カップルの結婚準備

韓国では住居を新郎側が、家財道具を新婦側が用意するルールがあります。以前の日本にもこういったルールがあったかもしれませんが、韓国の場合は今でも徹底的にこのルールが守られます。

面子を重視する韓国人はこの住居や家財道具を用意するときには気合を入れます。住居の用意については限られてきますが、家財道具は、ここぞとばかりに豪華に取り揃えなくてはいけません。

この結婚に際して注ぎ込まれるお金を婚需(ホンス)と呼んでいます。

ちょっとだけハングル

혼수(婚需・ホンス) = 婚礼家具

結婚までの流れ

韓国の結婚式の流れは日本と似ている部分が多いです。

恋人同士で結婚を決めた後、お互いの両親が初対面する相見礼(サンギュンレ)で、お互いの話を徹底的にし、結婚式の日取りなどを決めます。

この相見礼(サンギュンレ)の場所は、落ち着いて話ができるレストランの個室が好まれます。

ちょっとだけハングル

상견례(相見礼・サンギュンレ) = お互いの両親が初対面する儀式

結婚後の韓国人カップル

「釣った魚に餌をやらない」という亭主関白の韓国人の男性が多いと言われています。

日本よりも嫁姑問題が多く、韓国は世界有数の離婚率です。あのアジュマ(おばさん)の迫力を見せ付けられたらお嫁さんも大変です。

韓国は夫婦別姓なので結婚しても結婚前と同じ名字のため、離婚しても名前を変えることはありません。

結婚ができない

韓国では、同じ姓でもさらに男系の血族の祖先の発祥地ごとに分類し、ルーツを詳しく表します。同じ金(キム)さんでも出身地で「○○地方の金(キム)さん」と呼んで、「同じ金(キム)でも違う系統だね」と言ったりします。これを本貫(ポングァン)と言います。

同じ本貫(ポングァン)で同じ姓の人は血族関係にあたり、結婚できません。日本では3親等以内では結婚できませんが、韓国ではそれよりももっともっと広い8親等まで結婚できません。

同じ本貫の人で同じ姓の人って、かなり多いのです。恋愛結婚が当たり前になってきたこの世の中、同じ本貫(ポングァン)同士の悲劇的な恋愛や心中事件も起こっています。こういう情勢に伴い、政府では対策を考えているそうです。

ちょっとだけハングル

본관(本貫・ボングァン) = 発祥を同じくする同一父系氏族)の発祥地