日本人が大好きな焼肉。でも、韓国人も大好きですが、韓国にある焼肉はちょっと違います。

韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「韓国発祥の焼肉(韓国の食事)」をお伝えします。

韓国には焼肉屋がない?

韓国には焼肉屋はありません。日本にある焼肉屋は戦後になって日本人用に作られたお店なのです。

別々のお店

韓国には日本の焼肉屋のように数種類の肉や食べ物があるお店は基本的にはなく、プルコギ(牛肉)店、タッカルビ(鶏肉)店、サンギョプサル(豚肉)店のように、同じ鉄板でも食べる肉で別々のお店があります。

ちなみにピビンバ、キンパなども別々のお店にあります。

韓国では全ての料理を扱っている中途半端なお店より、それぞれの料理に特化した専門店が基本です。

ただ、お肉を扱うお店には冷麺は置いてあることが多いです。

サムギョプサル

サムギョプサル(豚肉) 

焼肉に近い料理

日本の焼肉に一番近い料理はカルビクイやソグムクイです。鉄板で焼いて食べますので、日本の焼肉と似ていますが、少し違います。

最初からお肉に下味がついていますので、日本のようにタレはつけません。下味のつけ方も日本のようにタレがついているだけではなく、数時間、または数日間、お肉をタレに漬け込みます。

食べるときにはサンチュなどの野菜で巻きます。

日本の焼肉は肉ばかり食べてしまい野菜不足になりがちですが、韓国のカルビクイやソグムクイは、たくさんの野菜と一緒に食べますので、健康的です。