韓国人は鍋(チゲ)が大好き。韓国と日本のチゲ(鍋)には違いがあります。

韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「たくさんあるの種類があるチゲ(韓国の食事)」をお伝えします。

ちょっと違う日本の「チゲ」

日本でも「鍋」の意味として「チゲ」という言葉は普通に使われるようになりました。

ただ、少し韓国と使い方が違います。韓国では一人用の小さな土鍋(トゥッペギ)に材料を入れ、小さなコンロで調理するのが「チゲ」です。

日本人が一般的に言うチゲ(鍋)は、チョンゴルと言い、大きなカセットコンロで調理し、みんなで食べます。

韓国人はチゲが大好きです。ただ、そこには習慣の違いがはっきりと出ています。

プデチゲ

プデチゲ(部隊チゲ)

韓国人のチゲの食べ方

日本の場合、チゲをするときには基本的には取り箸やオタマがあり、それで鍋の中のものをとって、自分のお皿で食べます。自分の箸で鍋の中のもの取るときは「自分の箸で取ってもいいですか?」と確認しますよね?

韓国人の場合、オタマを使う場合もありますが、当たり前のように自分の箸ドンドンと鍋の中に入れます。スープを飲むときは自分のスプーンを鍋の中に入れます。韓国人は細かいことは気にしません。

2人前以上の料理が当たり前の韓国料理

チゲだけではなくて、他の料理も同じです。

基本的に韓国料理は2人以上で食べるようになっていますので、大きな皿、大きな鍋、大きな鉄板を使い、みんなでつつきあいます。韓国人にとって食事とは、「みんなで楽しく食べるもの」なのです。

潔癖症の人には・・・

韓国式は不衛生という意見もあるかもしれませんが、日本人がよくする何かを取るときに箸を逆さ使うのも手垢がついて不衛生という意見もあります。

これは韓国式、日本式のどちらが良いかどうかではなく、文化の違いです。ただ、潔癖症の人には韓国人との食事は耐えられないかもしれません。