韓国旅行には安心が一番大切です。安心して韓国旅行を楽しむために、大手の旅行会社をオススメします。韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「全てをJALで(韓国旅行の手配)」をお伝えします。

全てJALで行く韓国旅行

以前の日本~韓国を運航する航空会社は、JAL(日本航空)、ANA(全日空)、大韓航空、アシアナ航空がメインでしたが、ここ数年ではLCCの台頭もあり、多くの航空会社が運航しています。

その中でも日本人に人気が高いのは、やはりJALとANAです。

日本と韓国は距離が近いため、海外旅行に慣れた人は、「それほどサービスがよくなくても問題ない」、「移動できればOK」という人も多くいます。

トラブルがない限りは、日本の航空会社でなくても、まず大丈夫ですが、海外旅行に慣れていない人にとって、もしトラブルが起こったときのことを考えるとJALやANAがやっぱり安心です。

JALのグループ会社、JALPAK(ジャルパック)

JALのグループ会社にJALPAKがあります。

JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行、HISなど、多くの旅行会社がある中、JALPAKが熾烈な競争に勝ち残っていくためには、「飛行機にJALを使うことを最大限に活用」することです。

JALPAKのパッケージツアーの飛行機は、当然のことながらJALを使います。

他の旅行会社が、パッケージツアーにJALを使うより、JALのグループ会社であるJALPAKがJALを使った方が、飛行機の料金が安くなります。

旅行業界は薄利多売の商売のため、旅行代金を安くするにも限界があります。JALPAKはJALを使うことによって安くなった料金をパッケージツアーに反映できます。

そのため、「飛行機でJALを利用したい人」には、JALPAKがオススメです。もちろん、韓国のパッケージツアーも豊富にあります。

JALPAKでの韓国旅行に興味がある人は「JALパックおすすめ!韓国ツアー
」(公式サイト)をご覧ください。

ANAもパッケージツアーを取り扱っていますが、JALPAKと比較すると知名度や商品数で劣るため、ここではJALPAKをオススメします。

韓国でのサポート

韓国への旅行中、「日本語ホットライン」でいろいろと質問することができます。

 

韓国世界遺産紀行(JALPAKの公式チャンネル)

JALカードと組み合わせる

JALPAKとJALカードでさらにお得になります。

JALカードで割引

JALカード会員および同行者を含めて参加者全員の旅行代金が、3%~5%割引になります。割引率はパッケージツアーによって異なります。

例:1人4万円のパッケージツアーを2名分

4万円×2名 = 8万円

8万円の3%割引 = 7万7,600円(2,400円の割引)

8万円の5%割引 = 7万6,000円(4,000円の割引)

例:1人4万円のパッケージツアーを4名分

4万円×4名 = 16万円

8万円の3%割引 = 15万5,200円(4,800円の割引)

8万円の5%割引 = 15万2,000円(8,000円の割引)

 

JALカードは年会費が2,160円かかりますが、初年度は無料のため、割引額が全てお得になります。

一部のパッケージツアーでは適用されないこともありますので、予約前に必ず確認してください。

JALカードでマイルをためる

JALカードがあれば、JALの飛行機に乗ったときにマイルが貯まります。

JALマイレージバンクというクレジットカード機能が付帯していないカードもありますが、JALカードと比較するとマイルが効率よく貯められません。

日常のショッピングでもマイルを貯めることができます。

詳しくは「マイルとは?」をご覧ください。

海外旅行傷害保険が付帯している

旅行代金をJALカードで支払わなくても、JALカードを持ってさえいれば、海外旅行傷害保険に加入していることになります。

補償はそれほど大きくありませんが、節約のため、海外旅行傷害保険に加入できない人は、せめてJALカードでの保障があるだけでも、安心感が全然違います。

詳しくは「海外旅行傷害保険の重要性(旅行中の保険)」をご覧ください。