韓国の定番中の定番料理、ピビンバ。韓国人から見ると、日本人の食べ方にはちょっと意義ありです。

韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「混ぜて食べるピビンバ(韓国の食事)」をお伝えします。

韓国名物

韓国で有名な食べ物と言えばピビンパ。その韓国でピビンバが有名なところは、全羅北道(チョルラブクト)の全州(チョンジュ)です。

ピビンパ

ソウルからは離れていますが、全州(チョンジュ)の石焼ピビンバは食べに行く価値はあります。

全州(チョンジュ)の地図

混ぜない日本人

日本人には「ピビンバ」を食べるときに混ぜない人がたくさんいます。これは韓国人からしてみると「なんでやねん!」なのです。

「ピビンバ」を正確に言うと「ピビムバッ」です。「ピビム」は「混ぜる」、「バッ」は「飯」という意味なので、「ピビンバ」は混ぜなければいけない食べ物なのです。

日本人にとって料理を混ぜて食べる習慣がないので、ご飯をぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのは行儀が悪く思えてしまいます。

韓国人は普通のピビンバでも石焼ピビンバでも混ぜます。ドンドン混ぜます。もうご飯が潰れてしまうぐらい混ぜます。

日本人が韓国に行ってピビンバを混ぜないとお店のアジュマ(おばさん)から「あんた混ぜなきゃダメだよ」と言われることもあります。