1. Home>
  2. 韓国語>
  3. 発音のルール>
  4. 激音化

激音化 - 発音のルール(韓国語)

発音のルールは全部で10個

ハングルの単語にパッチムが使われると、1つずつのハングルを発音した場合と異なる発音になることがあります。10個ある発音のルールのうち1つは子音、9つはパッチムについてです。ここではルール3の「激音化」(げきおんか)を勉強しましょう。

「○」をクリックしますと、Google翻訳で発音を聴くことができます。詳しくは「発音の聴き方」をご覧ください。

ルール3 激音化(げきおんか)

「ㅎ」の前後に「ㄱ」、「ㄷ」、「ㅂ」、「ㅈ」がくる場合は、それぞれが激音になります。

韓国人はルールに従って発音している訳ではなく、スムーズに発音するために激音化が自然に行われているだけです。

前後の子音を激音化させる

ㄱ ㄷ ㅂ ㅈ
激音化する子音

ㅋ ㅌ ㅍ ㅊ
前後に「ㅎ」がきた場合

「激音化」と言われると難しく感じますが、簡単に言いますと「ㅎ」が母音になるだけです。

例1 : 「ㅎ」と「ㄱ」

チュカ 

축하
ㄱのパッチム + ㅎ

추카
激音化した場合の発音

上のハングルをバラバラに読むと「チュkハ」ですが、連音化と激音化が行われますので「チュカ」になります。

例2 : 「ㅎ」と「ㄷ」

チtタ 

좋다
ㅎのパッチム + ㄷ

조타
激音化した場合の発音

上のハングルをバラバラに読むと「チョハダ」ですが、連音化と激音化が行われますので「チョタ」になります。

例3 : 「ㅎ」と「ㅂ」

イパk 

입학
ㅂのパッチム + ㅎ

이팍
激音化した場合の発音

上のハングルをバラバラに読むと「イpハk」ですが、連音化と激音化が行われますので「イパk」になります。

例4 : 「ㅎ」と「ㅊ」

アンジダ 

앉히다
ㄵのパッチム + ㅎ

안치다
激音化した場合の発音

上のハングルをバラバラに読むと「アnハダ」ですが、連音化と激音化が行われますので「アnチダ」になります。

激音化される単語

ハングル
発音の仕方
読み
発音
意味
축하
추카
(チュカ)
祝賀
넣고
너코
(ノコ)
入れて
북한
부칸
(プカン)
北朝鮮
좋다
조타
(チョタ)
良い
입학
이팍
(イパk)
入学
앉히다
안치다
(アnチダ)
座らせる
좋지만
조치만
(チョチマン)
良いが

 

本来はカタカナを読まずにハングルだけを見て読む方が勉強になりますが、ここではより多くの人にハングルを身近に感じていただけるように、カタカナの読み方もお伝えしています。

発音のルール :
韓国語メニュー :