韓国人ドライバーの運転はかなり危険です。横断歩道を歩くときも気をつけてください。

韓国旅行や韓流ドラマをもっと楽しみたい方に「車優先の韓国社会(乗り物)」をお伝えします。

荒い韓国人の運転手

韓国人の運転手は一般の人だけではなく、タクシーやバスの運転手も運転が荒いです。いつでも急いでいる韓国人のお国柄がそうさせるのかはわかりませんが、青信号で歩くときも気をつけたほうがよさそうです。

韓国の市バス

日本では安全運転の市バスも、韓国では急ブレーキや無理な車線変更は当たり前。日本のように「バスが停まってから席を立って降りる」ではなく、「バスが停まる前にドアの前で待つ」をしないと、そのままバス停を通り過ぎてしまいます。

最後尾の真ん中(前に席がない)に座るときは要注意。急停車でそのまま通路に飛ばされることがあります。

車優先の韓国社会

韓国では、横断歩道がない場所で、歩行者が事故に合うと、責任は歩行者側に生じます。「どちらに責任があるか」というのは考えないとしても、青信号で横断歩道を渡るときも必ず左右を見てからわたってください。韓国では、交通ルール関係なしで突っ込んでくる車がよくあります。

韓国の事故数

経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で韓国の交通事故件数は断トツの1位です。年間の死者数は日本の約3倍です。